茶和話の会の第7会のご報告


LINEで送る

FullSizeRender2015・11・10

●生物多様性とお茶
・静岡有機茶農家の会の人たちと生物多様性
 マムシ イノシシ 日本猿 アシナガバチ ウンカ 栗の虫
・生物多様性に関する書籍 120冊
・情報ページ 無数
・国連をはじめとした組織 無慮20組織
・生物多様性条約 1992年
 笑える条約前文 北と南 先進国と後進国の対立
 貧困と金満 莫大な金銭の流れ 群がるハイエナ的企業と団体
・多様性って何だ?
・自然と人間の関係 自然と対峙する時の態度 西洋的価値観と東洋的価値
・で、ど〜する? 

●ご自分でいれて飲んでいただいたお茶
・ぬくもり園ゆるり 西山京子さんの「靜-7132」
 2015年4月に手で摘んで蒸した後冷凍した茶葉を10月21日に手で揉んだ
 言うならば「有機栽培手摘み手揉み茶 “最高の” まちこ」桜の香り
●久保万里さんが数日前から炊いたアンコの最中
●生物多様性の話に最高のおかず 3日前まで泳いでた那珂川で釣った鮭から
 丁寧に作ったいくらの出汁醤油漬けと 白いご飯
●最後にお茶の出しガラに削りたての鰹節・真昆布の佃煮
●懇談会用にエビスビールとおつまみ

締めて会員ならたったの1,000円。
皆さん、楽しんでくれました。

【余談】
生物多様性って『言葉がかっこい〜じゃん』ってだけで、
首突っ込んだらこれが大間違い。
めちゃくちゃ話が深くて複雑で、
利害関係は小さな組織から国家間紛争にまで及んでて、
途中から『何でこんな話を選んじゃったんだろ〜』と後悔しきり。
でも、何とかまとめ上げて達成感は最高。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です