茶和話の会 第8会 「お茶と茶の間の巻」のご報告


LINEで送る

茶の間っていつの間になくなったんだろう?
昔のホームドラマでは茶の間がドラマ展開の舞台だったのに、
今じゃ〜それがリビングルームになっちゃって、
茶って言葉もティーって言葉もなくなりつつあるって、
家族のカタチや有り様が変わってきちゃったってこと?
ってことから始めた今回のテーマ。
僕らはどんな家に住んでるんだろ〜? 
どんな家に住みたいんだろ〜? 
って改めて考えるいい機会になりました(少なくとも自分の中では)。

1)どんな家に住んでるの?
 電気・ガス・上下水道・通信環境
2)安全・快適・利便・耐久・経済・意匠
3)有機的建築 F.L.ライト
4)「茶の本」岡倉天心
5)立って半畳寝て一畳
6)「日本人の住まい」エドワード・モース
7)明治初期のスケッチブック by モース
 外観・庭・雨戸・欄間・垣根・意匠・台所・風呂・便所・手洗い
8)日本人の人口
 江戸時代3000万人〜7200万(1945)〜13000万人
9)2DKの出現(1955年)
10)無添加住宅 ミニマリスト

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です