理事のご紹介


LINEで送る

ikuko_01【代表理事】村上 依久子 Ikuko Murakami

幼少期は「地球防衛軍ごっこ」隊長として活躍。
東京写真大学短期大学部卒業後、フォトグラファー、スタイリスト、コーディネーターとして雑誌、TV、広告制作の場で活躍。
何かを始めたら自分が納得いくまで走ってしまう性格ゆえ、家族からは周りが見えない、優先順位がわかってないとあきられている。
25歳で独立してから趣味としてスキーにはまり、国体に参加を果たす。
結婚後は家族の体験から日用品の有害性に気づいたことをきっかけに、世の中のシステムに納得できず、この世界が少しでも変わる手助けこそ使命とし、家族や仲間の真の健康と幸せ、地球を守るためにまた走りだしている。 株式会社ラボール・プラス代表取締役


Kan【理事】簡 憲幸 Noriyuki Kan

昭和29年、台湾系華僑二世として日本に生まれる。
日本大学芸術学部卒業後、コピーライター、プランナー、マーケッターとして活動し、その後、新規事業コンサルタントとして、また近年は、中国、台湾、そしてアジアを中心として活動をしている。
また文化事業、講演活動も積極的に行なっている。当NPO法人以外に4つのNPO法人の理事・監事をしている。 彩鳳会 代表、株式会社ITエイト 代表取締役、株式会社ブルーオーシャンパートナーズ 代表取締役、著書は「リーダーの教科書」(長崎出版、2006年11月)、プライベート・マガジン「簡書」(2013年3月)。


Sola1【理事】中嶋俊裕 Toshihiro Nakashima

岩手県生まれ。法政大学社会学部卒業。
科学では学年トップを取りながら、動物好きが高じて競走馬関連会社に勤務。 馬を見ながら生物の健康について思いを馳せているうちに、薬剤に頼らない、依存しない生き方の重要性を痛感。 それを伝えることを使命とするため退職。
その具体的な方法として、個人とのコミュニケーションが大切な業界である「置き薬」の世界に入る。 昭和63年、ユウキ薬品として独立。
さらに近年は、意識の変化にともない病気にはなれない感覚を体感し、こうした経験と体験をもとに、ライフスタイルと意識・精神性に重きをおき、健康推進活動を展開している。 愛称「sola」。


池川明先生

【相談役】池川 明 先生 Akira Ikegawa

池川クリニック院長 医学博士。
帝京大学医学部大学院卒、上尾中央総合病院産婦人科部長を経て、池川クリニックを開院。1999年より「胎内記憶」に関する研究を始め、国内外の第一人者として知られる。その成果を医療の現場に活かし、母と子の立場に立ったお産と医療を実践。「胎内記憶」「経皮毒」などをテーマにした講演会・セミナー、年間数十本。『胎内記憶』『ママのおなかをえらんできたよ。』『子どもは親を選んで生まれてくる』など著書多数。


kawashima-2-

【相談役】川島 邦夫 先生 Kunio Kawashima

獣医学博士。日本大学農獣医学部卒業後、国立医薬品食品衛生研究所で安全性生物試験研究センターの毒性部室長や生物試験部部長を歴任。この間に、医薬品や食品添加物等の有効性・安全性に関する研究や環境ホルモンについての研究に従事し、化学物質の生殖機能への影響に関する研究をライフワークとしている。 行政面では、残留農薬安全性評価委員・中央薬事審議会臨時委員として農薬および医薬品の申請審査業務に従事。 現在は生殖毒性評価コンサルタントとして、若手研究者の指導にあたっている。