茶和話の会 第11会 「お茶とお菓子の巻」のご報告


12799239_10204283623569577_5226072577477410381_n
いつものことですが、テーマ決めてから図書館やネットや友人たちから様々な情報を集め始めてから気づくのです。
「こりゃ〜大変なテーマにしちゃったなぁ」
「今更テーマ変更できないしなぁ、上滑りでもいいから、なんとかまとめ上げよ〜」ってことになるのです。
「お茶とお菓子の巻」ときたら、“どこどこのお菓子が……、京都のなになにが……”となるのでしょうが、世界全般の社会学を目指す(笑)茶和話の会では、その辺は軽く「長崎・福砂屋のカステラ」だけにとどめて……。
お茶飲みながら美味しいお菓子を食べるのは、至福の時間ですよね。
でも最近、砂糖が身体に悪いって話があちこちで盛り上がっていて、だからちょっと調べてみたら、すごいことに……。
世界最悪の毒(あるいはドラッグ)が砂糖なんですって。
社会学的にいうと「世界商品」っていうらしいんですけど、世界をその観点から眺めると、なかなか面白いっす。
フランス菓子(フランス王朝)の歴史も調べててなかなか楽しかったです。

1)お菓子の市場(日本) 3兆円強
2)安土桃山時代に日本に金平糖が。以来、爆発的需要。
3)砂糖:200万トン(日本) 2億トン(世界)
4)穀物に比しても、大きな需要
5)コロンブスが中南米に移植
6)プランテーションと奴隷貿易
7)英仏戦争は砂糖戦争
8)産業革命・アメリカ独立・フランス革命は、砂糖のせい
9)砂糖は香料と並ぶ、初めての「世界商品」
10)モノを通じて世界を見る
11)世界は変わり続ける。モノカルチャー

・香料
・砂糖
・綿織物
・穀物
・石油
・自動車
・家電
・コンピュータ
・インターネット
・スマートフォン

なあんて話をしながら、美味しいお茶を飲んだのでした。

次回は4月7日(木)19:00から
「楽しいお茶のいれ方の巻」で〜す。さすらいHoeToMakeTea横

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です