料理の話


LINEで送る

sunnysideup

もう少しきれいに焼きたいのですが(笑)

料理こそが最高の芸術だと、最近思っています。
それは五感すべてを感動させることができるんです。
他の芸術ではどうしても使えない感覚があるのですよ。
例えば、映画などは視覚と音を伝達手段として使ってて、 最も総合芸術に近そうですが、臭覚や味覚は使えないでしょ。
だから、毎日のように料理して、アーティストになろうと努力してるのです。 で、最近ようやく、上手にできるようになったのが「目玉焼き」。
あっ、あなた、今、笑ったでしょ。絶対、笑ったでしょ、鼻の先で。
目玉焼きにも様々な焼き方があって、諸説侃々諤々(かんかんがくがく)ですが、 私の好みは、白眼(白身)の周りがチリチリに焦げてて、目玉(黄身)はトローリ。 フタを使って蒸しちゃうと黄身がにごるから、使わずに。 っていうと、これが意外に難しいのです、火加減が。
で、味付けも、単純に塩と胡椒だけじゃあ、ゲ〜ジツにはならないから、 秘密のスパイスをふりかけたりして…。
あ、そうそう、アブラだって、何を選ぶかによって、ゲ〜ジツ点に差がつくわね。 もちろん、タマゴの選び方も、常温にしてから焼くことも、ポイント。
朝食には、焼きトマトを添えたり、ネギ焼きで周りを囲んだり、アレンジはいろいろ出来る。
こんなに楽しくって美味しくって栄養になるゲ〜ジツは、料理以外にない。
と全世界に向かって、胸を張って、大声で、出来たら拡声器まで使って叫んじゃいます。ハハハ。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です