分子栄養学健康セミナー 2018年8月25日(土)のお知らせ


ずいぶん以前から(もう15回を数えますか?)、受付、チラシ製作配布、動員とかに個人的に協力して来た宗像久雄先生主催の「分子栄養学健康セミナー」に、初めてNPO BeLightが協賛いたします。

タイトルは「笑って笑って笑って学ぼう治し方」ですから、楽しいこと請け負います。
2時間があっという間に過ぎちゃって、「エッ、もうそんな時間経ったの?」ってなると思います。

分子栄養学とは、「カロリー栄養学」の事ではなく、「血中バランス栄養学」の事。
5大栄養素(糖質・脂質・蛋白質・ビタミン・ミネラル)を過不足なく取る事が重要という分子栄養学を知ることによって、自分の健康を管理できるようになります。

今回は、宗像久男先生と、安田晴彦先生のコラボレーション。
それぞれ「医師が選択したゲルソン療法」と「原因根本療法と分子栄養学」がテーマ。

ゲルソン療法とは、ドイツの天才医師マックス・ゲルソン博士が癌や結核などの患者に指導した臨床結果のある食事療法。
全ての病の原因は「栄養障害と代謝障害」と指導しました。
また「笑い」も免疫力をあげ、健康回復のために大切です。

原因根本療法とは「健康を創る事」。分子栄養学・温熱療法・心理療法などを使って生活習慣を改善します。
西洋医学の得意分野「結果対症療法」とは次元が違います。
西洋医学は薬・注射・点滴・放射線・手術などを使って「病変を治す事」です。
「病変を治す事」と「健康を創る事」では次元が違います。

●「笑って笑って笑って学ぼう治し方」
日時:8月25日(土)13:30〜16:00
会費:4,000円
会場:人事労務会館 TEL:03-5434-2266
住所:〒141-0032 東京都品川区大崎2‐4‐3
●JR大崎駅 北改札口を出て左へ、 西口側の左階段を降り徒歩約3分

主催:宗像久男
共催:NPO法人 ビ・ライト

宗像久男
福島県出身。医師。早稲田大学大学院で国際経済学を学ぶ。長崎大学医学部卒業。神経内科専攻。2004年ナチュラルクリニック代々木開設、医療法人社団一友会の初代、3代目委員長就任。2007年にCCSクリニック院長、2008年医療法人社団一友会理事長に就任。統合医学医師の会、医学健康増進会。

安田晴彦
日本カウンセラー協会:公認・心理カウンセラー 日本ホリスティック医学協会:公認・生活習慣病予防指導士 分子栄養学と心理学の視点から、35年間で約13万人の方々に、講演及び、心理カウンセリング・栄養カウンセリングを実施。身体全体のしくみ、身体と栄養、心と身体の因果関係をセミナーし、人々の健康管理に役立てようと邁進中。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です