いただき物 1


玉露のテンプラ
ランナーズハイになって完走したら記念品もらえるように、「お茶いれハイ」になると特別な美味しいものをいただけます。
この日、斎藤さんちの(半分ぐらいしか日光通さない布で囲んだ)玉露畑で、新茶をみんなで手摘みしたんですが、これは斎藤さんが丹精込めて製茶して、後でみんなに送るそうです。
「これ飲んだら、他のは飲めね〜だよ」だそうで、チョ〜楽しみです。売るとしたら100gで12,000円とかっていいますから、この日来た人はラッキーでした。

で、このテンプラが玉露の若葉のテンプラです。
キュウリは隣人が畑から摘んで「ホラ持ってきな」ってくれました。
蕎麦もいただき物。
お金がかかってるのは、出汁と醤油とネギと金山寺味噌(どれも美味しい)。
この季節だけの安〜い贅沢です、ハハハ。

あ、玉露のテンプラの味ですかぁ? 
ものすごく柔らかくて風薫る五月をそのまま頂く感じ。独特の甘みの中に、ホンの微かに苦味がフワッと忍んできて「夏もち〜かずく、はっちじゅ〜はちやぁ〜」てな鼻歌が出ちゃいます(笑)。

いただきます。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

One thought on “いただき物

  • 村上依久子

    玉露のてんぷらなんて他ではいただけないものですよね。幸せが伝わってきます。金山寺味噌もおいしそう!