『「病気」が健康をつくる』 セミナー


11008650_1105474749478668_7482341103382661609_o

シリーズ『「病気」が健康をつくる』 出版記念 連続 健康セミナー
全6回 in 六本木
by NPO法人 Be Light
———–
第5回 7月 2日(木)
【E:energy エネルギーのコントロール】

私達はエネルギーです。そして、生涯に生産できるエネルギーの総和は、若干の固体差はあるもののほぼ一定。 それをどうセーブするか、どう分配するか…が重要です。
・消化の効率、血糖値の安定化、基礎体温の把握、生命の分極性理解、オフタイムを設ける、など。 
【N:nutrition 栄養のコントロール】
近年の低体温児童の爆発的増加の一因はミトコンドリアの機能低下であり、その制限要素は全ての栄養素です。 体温1度の上昇の為に、栄養素の必要量は、2倍必要です。 
・ 未確認の必要栄養素の摂取、養殖や近代農法による栄養素偏向、健康補助食品の是非

———– 
開場:18:30 講演開始:19:00  懇親会(質疑応答含む)21:00  22:00終了
参加費: 1回 約2時間 1,000円、  学割 500円(25歳以下)(懇親会 別途500円)
※ 当日1,500円お支払いください。学生1,000円
———–
会場: 〒106-0032 東京都港区六本木7-4-14 2階
株式会社ホリスティックウェルネス内 http://www.holistic-wellness.jp/
TEL:03-6434-7604(会場案内、予約用ではありません)
———–
講師: 健康プロデューサ 堀内 良樹
有限会社 環境サービス 代表取締役
1963年11月29日兵庫県西宮に生まれ、東京育ち。 
大学時代(約30年前)ある学者との出会いにより、真実を伝えるという活動に目覚める。以来長年に亘り勉強会や講演会の開催等、十数団体に所属しフルに市民活動を行う。 
日本大学を卒業後、米国ノースランド大学経営学部へ編入し1988年に卒業。健康サロン「セルフアップ」経営、アース療法師、チャクラコーディネータ、フーレセラピー、NPO法人生活習慣病予防学術委員会認定指導員、1級電磁波測定士 の資格を有する。
人の幸せに役立つ真実の情報を伝え、社会を変えるきっかけを創る事を使命とする社会起業家。 
11008650_1105474749478668_7482341103382661609_o ↓ 著書「病気が健康をつくる」現代書林 https://www.facebook.com/selfup.book  顕彰: 「社会文化功労賞」(2008年)、 「国際連合システム学術審議会(ACUNS)自然療法・環境部門」より(2011年)

—————————————-
『「病気」が健康をつくる』 堀内良樹 連続 セミナー全6回 内容
第1回 4月15日(水)
第2回 4月27日(月) 
第3回 5月13日(水)
第4回 6月 4日(木)
第5回 7月 2日(木)
第6回 7月24日(金)
——————–
4月15日(水)
第1回 【序】 病気とは? 癌、西洋医療の知られざる歴史!

P・E・N・Cは、なに一つが欠けても真の健康は実現できない。互いに足を引っ張り合ってしまう。
P「毒」が体に溢れれば、「循環」は阻害され、栄養素もいきわたらず、体内のエネルギー効率も下がる。
E「エネルギー」が不足すれば、「毒」が排出できず、「循環」も滞り、栄養素もいきわたらない。
N「栄養素」が不足すれば、ミトコンドリアで「エネルギー」を十分に生産できない。酵素も重要。
C「循環」が悪くなれば、「エネルギー」効率も下がり、毒も排出できず、栄養もいきわたらない。
——————–
第2回 4月27日(月)
【P:poison 毒のコントロール】
 
毎日発生する 毒量の総和≦排毒能 なら病気は在りません 。
・皮膚から入る毒、肺から入る毒、腸から入る毒、古い自己細胞、身体の毒処理、その他
——————–
第3回  5月13日(水) 
【原発の本質】 

原発のメリットゼロ、 存在してはいけない理由を100% 理解する!
——————–
第4回  6月 4日(木)
【放射能】
 

被ばくの時代、汚染地域(500km圏内・関東圏)でどう生き抜くか!
——————–
第5回 7月 2日(木)
【E:energy エネルギーのコントロール】

私達はエネルギーです。そして、生涯に生産できるエネルギーの総和は、若干の固体差はあるもののほぼ一定。 それをどうセーブするか、どう分配するか…が重要です。
・消化の効率、血糖値の安定化、基礎体温の把握、生命の分極性理解、オフタイムを設ける、など。
【N:nutrition 栄養のコントロール】
近年の低体温児童の爆発的増加の一因はミトコンドリアの機能低下であり、その制限要素は全ての栄養素です。 体温1度の上昇の為に、栄養素の必要量は、2倍必要です。
・ 未確認の必要栄養素の摂取、養殖や近代農法による栄養素偏向、健康補助食品の是非
——————–
第6回 7月24日(金)
【C:circulation 循環のコントロール】

現代社会でもっとも阻害されているのが体液循環です。気の流れを順調にして細胞の振動位相が揃えばロスが極小になり超流動と超伝導が成立! 
・血液・リンパ・神経の流れを左右する最大の要因とは?  【「邪気」と「電磁波」】 「家と体に溜まった不必要な電気」をアースする事が真の健康への第一歩
【番外編】 ・ 平均寿命のからくり、人類の命題(人口増加問題)、医者のストライキで変化すること、等
【まとめ】
——————–
講演時間:全total 約12時間
——————–